コスパ良さげなノートPC「Teclast F15」がプチリファインされていた!

Teclast F15 節約

こんにちは! ないにこ(@nainiko25)です☆

コスパが良いものが大好きな私のマイノートパソコンが先日(ほぼ)使用不能となってしまいました。

おそらくハードディスクの破損かと思いますが、急に買い替える必要が出てきてしまいました。

できる限り出費を抑える案も考えたのですが、今後も考えてのやむを得ない出費です(*´Д`)

そんな私がAmazonのセールで出会ったのが「Teclast F15」というノートパソコンです。

そのTeclast F15が到着したので開封したところ、思ってもみない事になっていました。

ないにこ
ないにこ

あらまあ!♪

今回はその点についてご紹介します。

スポンサーリンク

Teclast F15とは?

まずTeclast F15について簡単にご紹介します。

と言っても私も知らないメーカーでした(笑)

私も買う前に調べたところ実機レビューは下記の2件ほどしかなかった為、こちら2件のレビューを参考にさせていただきました。

物欲ガジェットさん

ウインタブさん

スペック等は物欲ガジェットさんとウインタブさんが詳しくまとめていますのでそちらを参考にしてください(笑)

ここから先はこちら2件のレビューと比較しながらご覧いただければと面白いかと思います。

スポンサーリンク

開封

Teclast F15

ん、この状態で送られてきたぞ・・・。

Teclast F15の箱に直接ラミレートされてその上に伝票が張られていました。

ないにこ
ないにこ

Amazonで頼んだらAmazonの箱に入って送られてくるもんじゃないのですか?

「この商品は、Teclast Authorized Storeが販売し、Amazon.co.jp が発送します」と商品ページには記載がありましたのでAmazonの倉庫から送られてきてるはずなんですがね。

どちらにせよノートパソコンという精密機器がこのような簡易包装なのはかなり危険な香りがしますね((+_+))

あと何かが違う・・・。

ウインタブさんのレビュー写真を見てみると、

出典:ウインタブさん
ないにこ
ないにこ

あ、箱が違う!(笑)

ウインタブさんいわく「なかなか豪華な箱」とのことですが、私の家に到着した箱は段ボール丸出しのチープなものでした(笑)

物欲ガジェットさんの記事を見てもその箱の豪華さがわかりますね。

出典:物欲ガジェットさん

お二方のレビューが約半年前ですから、その間にコストカットされたのでしょうか。

とりあえず本体が安くて中身が無事であればそれでよいです。

それでは開封。

じゃん!

Teclast F15

これだけ発砲スチロールが使われていればAmazonの外箱が無くても大丈夫なのでしょうか。

ようやく出てきました。

Teclast F15

液晶にはスペックが書かれた保護フィルムが張られています。

Teclast F15

早速その保護フィルムを剥がそうとしたら、

ないにこ
ないにこ

え、フィルムが2枚貼ってある

なんとスペックが書かれた保護フィルムの下に更に光沢タイプの保護フィルムが張られていました!

とビックリしたのも、ウインタブさんのレビューではPDA工房さんにフィルムの制作を発注していたので保護フィルムはもともと張られていないと思っていたからです。

「なんか得した気分~」と思いたかったのですが、

Teclast F15

・・・ここで中国クオリティーが顔をのぞかせました(笑)

保護フィルム張ってあるのは有難いのですが気泡が入りまくりです(笑)

このくらいであれば気にしない人は気にしないのかもしれませんが、そもそも私は光沢タイプより低反射タイプが好きなので中国人の親切を踏みにじって剥がしました。

その低反射タイプも買うと2,000円近くするので、前使っていたノートパソコンの使いまわしです(笑)

約8年間使っていた保護フィルムの使いまわしもなかなかの猛者ですよね(*´Д`)

スポンサーリンク

同梱物

こちらが【同梱物1】説明書等です。

Teclast F15

商品の合格証も入っていて、逆算すると約1ヵ月半前に検査されたものだということがわかりました。

こちらが【同梱物2】充電器です。

Teclast F15
ないにこ
ないにこ

おおおーーー!!

何をそんなに興奮しているかというと、私の想定していた充電器は、

出典:物欲ガジェットさん

こんな変換器付きのいびつな形のものだったので、想定外の喜びです(笑)

スポンサーリンク

通電

ようやく通電です。

事前にレビューされていたお二方が仰っている通り、起動はとても早く10秒くらいでこの画面が現れました。

Teclast F15
ないにこ
ないにこ

あれ、普通に日本語だ!

事前のレビューでは自分で日本語化は必要のようでしたが、それも不要でした!

バッテリーもほぼ充電されていて気持ち良いものです。

Teclast F15
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はTeclast F15の実機レビューをされていた物欲ガジェットさんとウインタブさんの記事中の実機と私が買った実機との差異について「だけ」お話させていただきました。

リファインされていた点
  • 外箱が変わった(コストカット)
  • 保護フィルムが付属になった
  • 充電器がコンパクト化された
  • 日本語化が不要になった

軽く使用してみても今のところ値段に対するパフォーマンスとして不満な点は全くありません。

ですので是非次回のノートパソコンの買い替え時の候補として検討してみてください(*ノωノ)

節約
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
投資で2500万溶かした会社員の再起♪ 〜株で退場〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました