投資を始めたきっかけ(終章)

貯金 きっかけ

こんにちは! ないにこ(@nainiko25)です☆

今日は投資を始めたきっかけ(序章)(本章)に引き続き、実際に投資を始める直前までのお話しをします。

スポンサーリンク

私が投資を始めた3つのきっかけ

  1. 株主優待の発見
  2. 恋人(未満)の人の一言
  3. 貯金額の把握

貯金額の把握

なぜこれが投資を始めるきっかけの一つになるのか不思議に思う方もいるかと思います。

そもそも株を買う為にはその為の資金が必要です。

ですが私はその株を買う為の資金を有しているのかすらわかっていなかったのです・・・(恥ずかしながら)。

その理由もいくつかあります。

  • 独身
  • 預金の分散

独身

結婚するとお互いの収入に対して様々な生活費や将来への蓄えなど支出を考えて毎月やりくりする方が多いかと思います。

それに対して私(独身)は普通に暮らしていける程度のお給料はいただいていましたし、そもそも散財するタイプではなかったし、お金のかかる趣味もありませんでしたので、特に毎月の収支は気にしていませんでした。

ただ無駄遣いはしていなかった為、少しずつでも貯まっていってるだろうなくらいにしか考えていませんでした。

貯金があろうがなかろうが多かろうが少なかろうがそれに対して意見や文句言う人もいなかったので気にしていませんでした。

預金の分散

私は現在もですが預貯金の為の銀行口座を複数開設しています。

ゆうちょ銀行

これは大学時代に公共料金の引き落としの為に口座開設しました。

ゆうちょであれば今後全国どこに住んだとしても店舗はあるだろうと考えていたのも選んだ理由です。

就職後も引き続きこの口座から公共料金の引き落としを行っています。

都市銀行

これは就職した会社の給与が振り込まれるメインバンクです。

なのでほぼ強制的に作った口座です。

但し私は地方在住の為、この都市銀行の店舗は各都道府県に数店舗あるか無いかの感じなので、自分にとって使い勝手はあまりよくないです。

新生銀行

この銀行の口座を開設したのは、おそらく私がお金のことを少しずつ考えるようになった結果かと思われます。

ゆうちょ銀行と都市銀行の口座しか開設していなかった私は、当時現金を下ろす為には郵便局のATMやセブンイレブン等のコンビニに導入し始められていたATMで下ろすしか手が無く、その中でも手数料無料で下ろせるのは郵便局のATMでの限られた時間内でしかありませんでした。

その手数料も1回で数百円もする為、回数を重ねればバカになりませんよね。

この状況に対してはさすがに私もどうにかした方がいいと思い、色々とネットで情報を探し、新生銀行に出会いました。

新生銀行はセブンイレブンにあるATMでの利用手数料がいつでも無料(条件有)であった為、即決でした。

また新生銀行も店舗は都市銀行以上に少なく、当然私が住む地方にもありませんでしたが、手数料無料に引かれて特に気にしませんでした。

 

上記3つの口座を開設しておりそれぞれ、給与は自分で決めた比率で振り込んでもらう設定にしていました。

ですが3つの口座の内、都市銀行と新生銀行は近くに店舗やATMが無い為、通帳への記帳が出来ませんでした。

そうなると更に月々の収支に無頓着になっていきました。なので唯一記帳出来るゆうちょ銀行ですら記帳しなくなっていきました。

当時でもネットバンキングは出来るようになってきていた為、入手金についてはその都度確認することは出来ましたが、ログインするのも3ヵ月に1度くらいでした。

尚且つ、預貯金とは別に会社で財形貯蓄もしていた為、更にその時点での総資産はよくわからなくなってました。

 

話は戻りますが、このような理由が重なって自分の貯金額の把握が出来ていませんでした。

ですが、

ないにこ
ないにこ

ディズニーランドの株主になる!

という目標を持った私にはまず株を買える資金の余裕があるのかどうか、しっかり自分の貯金額を把握する必要があると思い、同一日に全てのネットバンキングにアクセスして合計を出してみました。

 

ないにこ
ないにこ

・・・・・・ 意外とあるやん 

 

なんと私がなんとなく想定していた額の2倍の貯金がありました( ;∀;)

これにより、ディズニーランドの株主になる=投資スタート が出来そうだという感触を得ることが出来ました。

きっかけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
投資で2500万溶かした会社員の再起♪ 〜株で退場〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました