人見知りな人に合った婚活とは?私が経験した4つの婚活タイプ

婚活 婚活

こんにちは! ないにこ(@nainiko25)です☆

私は現在未婚ですが、決して結婚したくないという訳ではありません。

20代半ばまではお相手はいたのですがその方と別れてからは、中々いい出会いに巡り合えていませんでした。私自身が人見知りな性格であることも原因の一つかと思います。

しかしその頃から、何もしないでいると年を取るばかりだ!と自分に喝を入れて、いわゆる婚活をし始めました。

婚活と言っても色々な方法・形態があると思いますが、人見知りな私も4つのタイプを経験してきたのでそのお話をしようと思います。

スポンサーリンク

私が試みた婚活方法

合コン

昔からの王道ですね(笑)

合コンは私が20代半ば~30歳前後くらいまで行っていました。

初めは会社の先輩から誘われました。その先輩は合コンが好きで(笑)多くて月に何度かやっていた感じです。

都内であれば週に何度もやっている人もいるかと思いますが、地方だとそもそも恋人を探している人の母数も都内と比べると少ないですし、お酒を飲むのも車社会の地方ですと色々調整するのが難しかったりでした。

合コンで出会った人とその後別日に遊びに行ったりした人もいましたが結局お付き合いすることになった人はいませんでした。

もうここでは何でも言ってしまいますが、合コンするとお相手よりその居酒屋や飲み屋で働いている人の人が輝いて見えたりすることが結構あった気がします。・・・すみません(;^ω^)

その後、合コン好きの先輩も退社してしまって、それを機に合コンはほとんど行かなくなりました。

街コン

街コンは30歳前後の頃に1度だけ行きました。

私の友人から一緒に行こうと誘われたのがきっかけです。

その街コンのシステムは、あるエリアにその街コンと提携している居酒屋やバーが複数あって、時間内であればどのお店を渡り歩いていいというものです。そして何を飲んでも何を食べても定額というものでした。

こういうシステムだったので、

ないにこ
ないにこ

いい出会いがなくても美味しいものが色々食べられればいっかな

という軽い気持ちでした。

でもお店も定員があるわけで人気のお店は常に満席のような感じでした。

一応1つのお店に居られる制限時間はあるのですが、色々調査してから行かないと上手くお店を回れなくて、とにかく出会いというより疲れたといった感想でした(笑)

でも普段あまり行かないようなお店を回ることが出来て色々な発見は出来たので有意義ではありましたね。

ですが上記したようにとにかくわちゃわちゃして疲れたって感じでしたので街コンはこの1度しか行きませんでした。

婚活パーティー

婚活パーティーは30歳前後から行くようになりました。

きっかけは私の友人から一緒に行こうと誘われたのですが、当時の私には結構抵抗がありました。

ないにこ
ないにこ

いかにも「婚活」って感じがしてなんだかな~

って感じです。

その婚活パーティーは50人対50人と地方にしてはかなり大規模で、会場も地元のバーでしたが結婚式の二次会とかも出来るような規模の大きさでした。

そもそも行くまでその婚活パーティーのシステムがわからず、パーティーが始まってから説明がありました。

流れとしては下記の感じでした。

お見合い回転寿司(みたいなやつ)

ナインティナインが司会をしている某婚活番組をご存じの方は多いかと思いますが、あの番組のお見合い回転寿司みたいなやつから始まります。

あのような隊形になった後、事前に自分のプロフィールを書いたA4サイズくらいの用紙をお互いに交換しそれを見ながら1分くらいお話しします。

1分ですよ!

たった1分で何が出来ますか?

せめて事前に相手の方のプロフィールを見た上で1分ならまだしも、1分の中でプロフィールを読んでお話をしてって、なかなかパーティー初心者にとっては大変です|д゚)

ですがよくよく考えると50人対50人なので順調に進んでもそれだけで50分はかかります。

ないにこ
ないにこ

婚活って体力重要ー!(笑)

それが50回続きます。すると何が起こるかわかりますか?

疲れるのはたしかですが、

ないにこ
ないにこ

誰がどういう人だったかわからん・・・

一応、メモは取っていいですよと言われていたもののどう取っていいかわからないし、時間ないしで、この50分はなんだったのかって感じに苛まれます(笑)

ファーストインプレッション記入タイム

その後、小さな紙を渡されて50人のうちでいいなと思った人の番号を書いていきます。

そしてその紙を回収されるとスタッフの人が集計して、自分の事をいいなと思ってくれた人がいる場合は、いいなと思ってくれた人の番号が書かれた紙をスタッフから渡されます。

これでどの番号の人が私の事をいいなと思ってくれたかがわかります。

私は有難いことに何名かの方にいいなと思ってもらえました♪でもすると何が起こるかわかりますか?

ないにこ
ないにこ

私の事をいいなと思ってくれた人がどこにいるのかわからん・・・

もともと何十人がいる会場でその時点で相手側が番号順に並んでるわけではないので、その番号の人を探すのが大変です(;^ω^) というか無理です(笑)

フリータイム

その後フリータイムが始まります。

もっと話したい人がいる場合は自らその人の所へ行き5分くらいお話が出来ます。

そこでモテそうな人には人が群がり、そうでなさそうな人の周りは閑散とします。

そうこれこそ、

ないにこ
ないにこ

サバイバル!(笑)

この様を見て本当に婚活はサバイバルだなと思いました(笑)

スタッフもマッチング率を上げたい為に、人余りが出ないようフリータイム時間内は特に話したくない人同士でも話をするようにセッティングします。

そのフリータイムの5分間が何回か繰り返されます・・・。

特に気になってるわけでもない人との5分間トークはなかなかしんどいですよね。そこでトーク力が磨かれる感じがします(笑)

結果発表ー!

フリータイムが終わると、また小さい紙を渡され最終的にいいなと思った人を上から5人まで書くように言われます。

5人・・・。

それは保険をかけるということなのか、否か。

システム上、お互いがその5人の中に入ればマッチング成立のようなのですが、お互いが下位あたりに書いた同士だとマッチングしても微妙ですよね(笑)

いいと思った人が居なければ潔く1人も書かないか、いいと思った人ただ1人を書くか、否か。

ないにこ
ないにこ

とりあえず、書きまくろー(笑)

フルメンバーを揃えました。とりあえずこんなに疲れるのだから爪痕くらい残さないとね(笑)スタッフにとってもどのような形でもマッチングしてくれてマッチング率が上がれば婚活パーティーの宣伝にもなるしね。

 

結果、惨敗・・・。

疲れだけが残りました(笑)でもいい勉強にはなりましたね。事前調査や段取りなども結構重要だと。

 

この後、婚活パーティと言うものには数回行きました。

初回の失敗を反省し、段取りに重きを置き頑張りました。

  • お見合い回転寿司の時にいいなと思う人がいたらちゃんとメモしておく
  • 本当にいいなと思ったらなんならその時に好意があることを伝えてしまう
  • パーティーが始まる前、終わった後のほうがお互い本音で話せる ⇒仲良くなれる

上記3つの事を意識した結果、何度かマッチングはさせて頂きました。その後、ご飯を食べに行ったり一緒に遊びに行ったりした人はいたのですが、結局お付き合いまでは至りませんでした。

 

婚活パーティーと言っても色々なパターンがありました。

規模としては最初に行った50人対50人が最高で、あとは10人~20人同士のものが多かったし、そのほうがやりやすかったと思います。

場所は最初に行ったのは結婚式の二次会も出来るようなバーでしたが、あとは地元の高級ホテルの1室やカラオケボックスのフリールームであったりもしました。高級ホテルは1回行ってみたいと思っていたホテルだったので行けただけでもテンション上がりましたね(笑)

婚活アプリ

いまでは婚活市場ではメジャーかと思いますが私も経験者です。

色々な会社があるかと思いますが私は2つ渡り歩きました。

ブライダルネット(IBJ)

私がこの会社と出会ったのは、私自身がブログタイトルのように投資をしていて株を買うのにどこかいい会社が無いかなと探してた時に出会ったのがきっかけです。

IBJは東証一部上場会社で当時株価も上がっており今後の婚活市場も明るいと思っていたので私もIBJの株を保有していた頃はありました(ちゃんと利益を出させてもらいました(笑))。

そういったこともありどんなもんかと婚活アプリデビューしました。

ブライダルネットは婚活アプリには珍しく男女ともに最初から料金が発生します。ですが私はIBJ株で利益も出させていただいていましたし、お金を払いたくないけど婚活したいという人がおらず、おのずとライバルが減っていいし、お互い結婚を真面目に考えていそうと前向きに考えていました。

真面目に活動していたのでプロフィールはちゃんと埋めていました。

初めてだったので自分で自分の事を書くのは照れ臭くもあり、どうアピールすればいいのか四苦八苦でした。

本来であれば他己紹介のように、友人に頼んで私ってどういう人か書いてもらうと自然な自分をアピール出来るのでしょうが、さすがにそこまでお願いする勇気はありませんでした(;^ω^)

入会したては「いいね」フィーバーが起こりますが、その後は沈静化します。

その中でもフィーバー中に連絡先交換まで至り、何名かとお食事に行ったりしました。

ですがやはりお付き合いまでは至りませんでした。

結果は伴いませんでしたが、今思うと当初に考えていたように真剣に婚活されている方が多いアプリだなと思いました。

 

前後してしまいますが、東証一部上場会社のIBJでは婚活アプリだけではなく婚活パーティーも主催しているようです。私が婚活パーティーに行っていた頃はまだ私の住む地方では開催されていなかったので私は実際には行ったことないのですが、半個室で1対1でゆっくりお話しできる会場も多いようなので、私が行ったことのあるパーティーより落ち着いて婚活できそうです。

気になる方は確認してみてはいかがでしょうか↓。

ペアーズ

婚活経験者は誰でも知ってるといった感じでしょうか。

ペアーズ(Pairs)は誰でも名前は聞いたことあるように、大手で登録者も多いというのが特徴です。

私は当初はフェイスブックをやっている人しか登録できないのかと思っていたので敬遠していましたが、誰でも登録できることを知り、こちらも登録してみました。

プロフィールはブライダルネットの時と同じように記載して登録したのですが、入会したての時の「いいね」フィーバーはブライダルネットとは比べ物にならないくらい激しく起こります(笑)

ですがいいねをくれた方のプロフィールを見ると明らかに怪しい感じだったり、やたらハイスペックだったり、かなり距離が離れていたりで、全ての人が婚活対象とは言えない感じでした。

ですがもちろん中には真剣に婚活されている人もいました。登録者数が多いので、いいなと思う人もそれだけ多かったです。

ブライダルネットの時と同様に、何名かとお食事に行ったりしましたが、お付き合いまでは至りませんでした。

これは出会いの場面は多く提供してもらっているのに関わらず、私が歳のせいで慎重になりすぎているせいですね(;^ω^)

スポンサーリンク

まとめ

今も引き続きお世話になっておりますが、私の経験上、私のような人見知りな人が婚活を行いたい場合は婚活アプリが合っていると思います。

婚活アプリだと、

  • 自分のペースで出来る ⇒自分を素を出しやすい
  • 人見知りのせいで普段出会えないような色々な人に出会える ⇒様々な価値観にも出会える

と私には十分な感じです。

 

婚活の種類(策)は増えましたが、とはいえ増えたからと言って安心せずに若いころからどんどん動きましょう!種類(策)が多いと今回はだめだったけど次もまだ色々あると思って落としどころが見つからなくなります( ;∀;)

ないにこ
ないにこ

皆さん、策士策に溺れませんように!(笑)

婚活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
投資で2500万溶かした会社員の再起♪ 〜株で退場〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました